申込受付中 月3回配信

古賀茂明「改革はするが戦争はしない」フォーラム4

古賀茂明(こが・しげあき)

Gbiz電書

現代ビジネス
 
440 
(税抜 400 )
テキスト版---毎月第1・第2金曜日
動画版-------毎月第4金曜日

動画コンテンツを含む商品の場合は、「動画コンテンツ動作保証環境」ページをあらかじめご確認のうえお申し込みください。

 2012年の1月に、このメルマガを始めてから早いもので6年が過ぎました。
 皆さんの暖かい励ましのお言葉、厳しい質問に支えられて、ここまで続けることが出来ました。心から御礼申し上げます。

 2015年の月より、このメルマガを新たなステージへと進めようと思います。

 メルマガでは何度か、お伝えしてきましたが、このたび「フォーラム」(http://forum4.jp/)というキャンペーンを始動しました。

 「フォーラム」というのは「改革はするが戦争はしない」という基本理念に賛同する市民や政治家が、この理念を日本の政治・行政・社会に反映するための様々な活動を広げて行くことを手伝うプラットフォームです。

 2011年9月に経済産業省を退職して以来、遅々として進まぬ震災からの復興、原発再稼動への動き、名ばかりの規制改革、戦争ができる国をめざし暴走する政府などについて、このメルマガ、『国家の暴走』などの著作、雑誌連載、『報ステ』などのTV出演などを通して解説し、警鐘を鳴らしてきました。

 おかげさまでメルマガ読者のみなさんをはじめ、多くの方からご意見、ご提案をいただき、また、賛同いただく方々の輪も広がって来ました。一方で国家の暴走は止まらず、当たり前に思ったことを発信しづらい風潮がどんどん強まり、既成メディアの限界が明確になっています。

 もともと、このメルマガは「日本の再生を考え」「日本再生のための国民的キャンペーンにつなげていく」ことを目的に始めたものです。私の個人的な情報発信の手段ではなく、日本再生を真剣に考える方々との交流のための手段、党派を超えた日本再生キャンペーンの活動の拠点を作る試みでした。

 参加型のメルマガとしてまる3年、読者の方との交流を重ねた結果、ようやく「フォーラム4」というキャンペーンを立ち上げることが出来たわけです。

 これを機会に、メルマガも「古賀茂明『改革はするが戦争はしない』フォーラム4」と名前を変更します。報道されない政治・経済の動き、ニュースの背景説明などはもちろん引き続きお届けしますが、フォーラム4の賛同者との交流、活動報告などを通じて、さらに読者参加・交流型のメルマガにしたいと考えております。

 読んで、観て、面白い、参加して面白いと感じていただけるメルマガにしていきたいと思いますので、引き続きご支援いただきますようお願い申し上げます。

古賀茂明

古賀茂明(こが・しげあき)

政策コンサルタント・政治経済評論家・古賀茂明政策ラボ代表

1955年、長崎県生まれ。東京大学法学部を卒業後、通商産業省(現・経済産業省)に入省。

産業組織課長として持株会社の解禁、産業再生機構執行役員、経済産業政策課長としてカネボー、ダイエーの再生など、一貫して経済改革を推進。2008年、国家公務員制度改革推進本部事務局審議官(内閣審議官)として急進的な改革を進め「改革派の騎手」となるも、財務省の圧力に屈した民主党政権を批判し、2010年秋には参院予算委員会で仙谷由人官房長官から「恫喝」を受ける。2011年4月には日本ではじめて東京電力の破綻処理策を提起して原子力ムラと対決。度重なる退職勧奨の末、同年9月に退官。

2012年よりメルマガを開始。利権と闘う経済改革、原発・自然エネルギー、特定秘密保護法、外交安全保障など幅広い分野について独自の視点で情報と提言を発信。

一貫して、いかなる組織にも所属せず、個人として活動を続けている。テレビ番組のコメンテーターとしても活躍したが、2015年3月、安倍内閣にすり寄るテレビ朝日の意向で報道ステーション金曜コメンテーターを降板させられる。同年3月に「改革はするが戦争はしない」プラットフォーム『フォーラム4』を立ち上げる。

2015年5月、外国特派員協会から「報道の自由の友」賞(Friend of the Free Press)」受賞。

2017年1月 ネットサロン シナプス「古賀茂明の時事・政策リテラシー向上ゼミ」開始

主な著書に
日本中枢の崩壊』(講談社、38万部)
官僚の責任』(PHP新書、42万部)
信念をつらぬく』(幻冬舎新書)
利権の復活』(PHP新書)
原発の倫理学』(講談社)
国家の暴走』(角川新書)
日本中枢の狂謀』(講談社・2017年5月出版)は発売1カ月で5刷と好評
国家の共謀』(角川新書・2017年11月出版)
THE 独裁者』(東京新聞望月衣塑子氏との共著)(KKベストセラーズ)
断罪 政権の強権政治と霞が関の堕落を撃つ 次世代への日本再興論』(ビジネス社)など。

毎週火曜日朝日放送「キャスト」に出演(近畿圏)。
Aera.dot(アエラと週刊朝日のネットサイト)「「政官財の罪と罰」、
週刊プレイボーイ「古賀茂明政経塾」、
週刊エコノミスト「闘論席」(4週に1回)
十勝毎日「耕土耕論」(2カ月に一回)連載中。

申込月発行号の無料キャンペーン実施中!

メルマガのお申込み月の発行号が無料になります。ぜひメルマガの内容をお確かめください。
※お申込みの際にクレジットカードのご登録が必要となることを予めご了承ください。

メルマガのバックナンバーを購入できます

ご購読中のメルマガのバックナンバーを購入できます。詳細は「バックナンバーなど」をご参照ください。

イズメディア・モールとは

コンテンツ自慢のメディア集団 isMedia(イズメディア)のショッピング・モールです。
日本を元気にするコンテンツやアイテムを販売してまいります。
第一弾はコンテンツ。現代ビジネス、JBpressなど、イズメディア・ネットワーク参加媒体が選りすぐった執筆者のとっておきの情報を、いろいろなカタチで読者の皆様にお届けします。有料メルマガや電子書籍はもちろんのこと、それらデジタル・コンテンツとセミナーなどリアルなイベントを組み合わせた新しい試みにも挑戦していきます。

販売中のコンテンツについて

Gbiz電書
現代ビジネスが提供するメルマガなどデジタルコンテンツの総称です。現代ビジネスで論陣を張っている強力な執筆陣がさらに突っ込んだ情報を発信します。
JBデジタル選書
JBpressが提供するメルマガなどデジタルコンテンツの総称です。JBpressならではの他メディアでは読めない、選りすぐりの情報を発信します。

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

プライバシーマーク