申込受付中 月2回配信(号外有)

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」

佐藤優

Gbiz電書

現代ビジネス
 
1,080 
(税抜 1,000 )
第2と第4の水曜日

動画コンテンツを含む商品の場合は、「動画コンテンツ動作保証環境」ページをあらかじめご確認のうえお申し込みください。
毎月の動画配信は、原則として第4週目号配信後を予定しておりますが、著者のやむを得ない事情のため配信スケジュールが前後することがございます。

 国際社会のゲームのルールが帝国主義傾向を強めている。もっとも21世紀の新・帝国主義は、19世紀から20世紀前半の古典的な帝国主義国のように植民地獲得を求めることもなければ、主要国間の全面戦争も起きない。しかし、自国の生き残りのために外部から搾取と収奪を強めるという帝国主義の本質は、21世紀の新帝国主義においても同じである。尖閣諸島問題をめぐる中国の攻勢や米国の対応、ギリシア危機に対するEU(欧州連合)の対処も、新・帝国主義という補助線を引けば、よく見えるようになる。

 帝国主義的傾向が強まると、経済に与える政治の影響が決定的に重要になる。また、民族や宗教など、日本人があまり得意としない要因が、これまでにも増して政治と経済にとって大きな制約要因となる。これらの制約要因が、可視化が難しいカントリーリスクをつくりだしている。こういう事情の変化を反映してか、最近、経済関係者からロシア、中央アジア、中東、さらに沖縄と中国の関係などについて、筆者に話を聞きたいとか、講演してほしいという依頼が増えている。時間的な制約があるために、その依頼のほとんどを断っているというのが実態だ。

 筆者は、現在、月平均1200枚程度の原稿を書いている(8月は59本、9月は55本、10月は62本の新聞・雑誌原稿を書いた)。このメルマガでは、他の原稿と異なる切り口で発信したい。インテリジェンスの世界には、「分析メモ」と呼ばれるレポートがある。調書ほど長くはない。A4判の用紙に1~2枚にワンテーマの情勢分析を記す。情報源は、盗み出してきた機微に触れる内部情報もあれば、新聞・雑誌、政府の公式発表のような公開情報のこともある。公開情報であっても、熟練したインテリジェンス専門家が解説を加えれば、そこから隠れた真実を読み解くことができる。外務省で主任分析官をつとめていた頃に、筆者もそのような「分析メモ」を作成し、その内、週2~3通は首相官邸に届けていた。現在も筆者のところには、ロシアやイスラエルなどから機微にふれる情報が入ってくる。これらの情報を、ビジネスに関心を持つ人を念頭において「分析メモ」で読者にお届けしたい。

 このメルマガでは、「読書ノート」もお届けしたい。軍事情報を除けば、インテリジェンス機関が扱う秘密情報の95~98パーセントは公開情報の中にあると言われている。筆者の経験でもその通りだ。あふれ出る公開情報の中から、真に必要な情報を探り当てる(ロシア語でインテリジェンスを「ラズベトカ(разведка)」というが、これは「探り当てる」という意味でもある)ためには、読書が基本になる。そのノウハウについても読者にお伝えしたい。

佐藤優(作家・元外務省主任分析官)

待望のメルマガ、ついにスタート!

リスクを読み解けばビジネスは変わる

リスクがわかればビジネスがわかる

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」

 メルマガへの参入が最も期待されていた作家・佐藤優氏が、満を持して「現代ビジネス」に登場します。

 日本を取り巻く国際環境はかつてないほど複雑さを増し、先が読めなくなっています。中国、韓国、北朝鮮はもとより、経済危機に喘ぐヨーロッパ、動乱の地・中東、さらには唯一の超大国アメリカとの関係も、常にリスクと隣り合わせです。しかし、それはすなわち、リスクを正しく理解し、情報を有効に活用できれば、他に先駆けて大きなチャンスをつかむことができることを意味します。ビジネスの種、新しい挑戦のヒントは、目の前を流れている情報の中に埋もれているのです。

 外務省主任分析官を務めた「インテリジェンスの専門家」佐藤氏はこの新しいメルマガで、各国の「友人」たちからもたらされるディープな情報と、プロだからこそ読み取れる行間のシグナルをもとに、既存の媒体では決して読めない的確で深みのある分析を展開する予定です。ビジネスに、投資に、そして資産運用に役立つ「リスク解析」にご期待下さい。配信は月2回ですが、国際情勢や政治状況の変化に応じて、随時、号外を配信する予定です。

 また、このメルマガでは「読書の達人」でもある佐藤氏が、いま読むべき本、知識を蓄えるための本、知能を鍛えるための本を紹介し、その読み方指南も併せてお届けします。月平均300冊を読破する佐藤氏の「読書ノート」は必見です。

 さらに、毎回、佐藤氏が読者からの質問にも答えます。カントリーリスクについて、政治の見通しについて、あるいは話題のベストセラーや事件・スキャンダルに関してなど、読者からの質問・疑問を募集します。独自の視点からの回答をお楽しみに。

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.131(2018年4月25日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.270「核兵器と中・長距離弾道ミサイルに関する金正恩朝

鮮労働党委員長の発言」/分析メモ No.271「財務事務次官セクハラ疑惑をめぐるテレビ朝日の会

見について」

―第2部― 読書ノート

カール・バルト(佐藤敏夫編訳)『バルト自伝』/曽根圭介『工作名カサンドラ』/NHKスペシャル取材班『睡眠負債――”ちょっと寝不足”が命を縮める』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.130(2018年4月11日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.268「中朝首脳会談」/分析メモ No.269「日本政府のロシアに対する抑制された対応」

―第2部― 読書ノート

宇野弘蔵『資本論の経済学』/『新日和見主義批判』/ルーク・ハーディング(高取芳彦/米津篤八/井上大剛訳)『共謀─トランプとロシアをつなぐ黒い人脈とカネ』―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」号外(2018年4月4日配信)

文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.129(2018年3月28日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.266「ロシア大統領選挙と北方領土交渉の展望」/分析メモ No.267「トランプ米大統領の中東政策」

―第2部― 読書ノート

『名門校「武蔵」で教える東大合格より大事なこと』/『教養としての「ローマ史」の読み方』/『海を抱いて月に眠る』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.128(2018年3月14日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.264「南北首脳会談合意」/分析メモ No.265「米朝首脳会談合意」

―第2部― 読書ノート

『埼玉県立浦和高校――人生力を伸ばす浦高の極意』/『金正恩 狂気と孤独の独裁者のすべて』/『炎と怒り――トランプ政権の内幕』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.127(2018年2月28日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.262「北朝鮮のオリンピック外交」/分析メモ No.263「仮想通貨の将来」

―第2部― 読書ノート

マキアヴェリ(池田廉訳)『君主論』/西部邁『大衆への反逆』/香山リカ『「わかってもらいたい」という病』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.126(2018年2月14日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.260「米国の新核戦略」/分析メモ No.261「名護市長選挙」

―第2部― 読書ノート

ボアズ・ガノール(河合洋一郎訳/佐藤優監訳)『カウンター・テロリズム・パズル――政策決定者への提言』/宗田哲男『甘いもの中毒――私たちを蝕む「マイルド・ドラッグ」の正体』/鈴木宗男『政治人生――国難を憂い、国益を求む』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.125(2018年1月24日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.258「金正恩・朝鮮労働党委員長に関するプーチン露大統領の発言」/分析メモ No.259「沖縄における県民投票の可能性について」

―第2部― 読書ノート

『男性という孤独な存在――なぜ独身が増加し、父親は無力化したのか』/『弁護士の格差』/『後期資本主義における正統化の問題』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.124(合併号)(2018年1月10日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.256「プーチン露大統領から安倍晋三首相へのメッセージ」/分析メモ No.257「金正恩・朝鮮労働党委員長の新年の辞」

―第2部― 読書ノート

橋本治『知性の転覆――日本人がバカになってしまう構造』/齋藤元章/井上智洋『人工知能は資本主義を終焉させるか──経済的特異点と社会的特異点』/アルブレヒト・リッチュル(深井智朗/加藤喜之訳)『神の国とキリスト者の生活――キリスト教入門』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.123(2017年12月27日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.254「米露インテリジェンス協力」/分析メモ No.255「ゲラシモフ露軍参謀総長の訪日」

―第2部― 読書ノート

山内昌之『歴史家の展望鏡』/中沢新一『新版 はじまりのレーニン』/亀山郁夫/沼野充義『ロシア革命100年の謎』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.122(2017年12月13日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.252「トランプ米大統領によるエルサレムに関する立場表明」/分析メモ No.253「北朝鮮によるICBM『火星15号』の試射」

―第2部― 読書ノート

経産省若手プロジェクト『不安な個人、立ちすくむ国家』/新垣毅『続沖縄の自己決定権 沖縄のアイデンティティー』/J. メイエンドルフ(小高毅訳)『東方キリスト教思想におけるキリスト』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」号外(2017年11月29日配信)

藤代泰三・著『キリスト教史』解説文

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.121(2017年11月22日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.250「宋濤・中国共産党対外連絡部長の訪朝」/分析メモ No.251「トランプ米大統領の武器商人外交」

―第2部― 読書ノート

聞き手=桐山秀樹/丸本忠之『変な経営論――澤田秀雄インタビュー』/井上久男『自動車会社が消える日』/鯨岡仁『日銀と政治――暗闘の20年史』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.121(2017年11月22日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.250「宋濤・中国共産党対外連絡部長の訪朝」/分析メモ No.251「トランプ米大統領の武器商人外交」

―第2部― 読書ノート

聞き手=桐山秀樹/丸本忠之『変な経営論――澤田秀雄インタビュー』/井上久男『自動車会社が消える日』/鯨岡仁『日銀と政治――暗闘の20年史』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.120(2017年11月8日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.248「横田基地におけるトランプ発言」/分析メモ No.249「チェコ下院総選挙結果について」

―第2部― 読書ノート

山田昌弘『底辺への競争――格差法治社会ニッポンの末路』/木村誠『大学大倒産時代――都会で消える大学、地方で伸びる大学』/渡部悦和『米中戦争――そのとき日本は』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.119(2017年10月25日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.246「第48回衆議院議員総選挙結果について」/分析メモ No.247「オーストリア国民議会選挙」

―第2部― 読書ノート

カール・シュミット(田中浩/原田武雄訳)『政治神学』/本田晃一『はしゃぎながら夢をかなえる世界一簡単な方法』/出村和彦『アウグスティヌス――「心」の哲学者』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.118(2017年10月11日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.244「ロシアにおける反プーチン政権デモ」/分析メモ No.245「電気自動車(EV)とヨーロッパの外交戦」

―第2部― 読書ノート

本村凌二『教養としての「世界史」の読み方』/ポール・メイソン(佐々とも訳)『ポストキャピタリズム――資本主義以後の世界』/堀江貴文/井川意高『東大から刑務所へ』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」号外(2017年10月5日号外)

文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.117(2017年9月27日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.242「衆議院の解散」/分析メモ No.243「北朝鮮制裁に関する国連安保理決議」

―第2部― 読書ノート

鍛冶俊樹監修『超図解でよくわかる! 現代のミサイル』/サイモン・ホロビン(堀田隆一訳)『スペリングの英語史』/水野操『あと20年でなくなる50の仕事』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.116(2017年9月13日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.240「北朝鮮による弾道ミサイル発射と核実験」/分析メモ No.241「ウラジオストクにおける日露首脳会談」

―第2部― 読書ノート

湯浅誠『「なんとかする」子どもの貧困』/アキ・ロバーツ/竹内洋『アメリカの大学の裏側――「世界最高水準」は危機にあるのか?』/大澤真幸『<世界史>の哲学――イスラーム篇』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.115(2017年8月23日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.238「米国における白人至上主義」/分析メモ No.239「ガルージン・ロシア駐日大使の就任」

―第2部― 読書ノート

片山杜秀『国の死に方』/オットー・キルン(高尾利数/高森昭訳)『神学要綱』/小林美智子『帰宅恐怖症』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.114(2017年8月9日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.236「内閣改造と国民の信頼」/分析メモ No.237「安倍政権によるイスラエルとパレスチナの和平仲介構想」

―第2部― 読書ノート

ラインホールド・ニーバー『アメリカ史のアイロニー』/清武英利『石つぶて――警視庁二課刑事の残したもの』/薮中三十二『トランプ時代の日米新ルール』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.113(2017年7月26日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.234「エカテリンブルクにおける森喜朗・プーチン会談」/分析メモ No.235「蓮舫民進党代表の戸籍開示問題」

―第2部― 読書ノート

橘木俊詔『子ども格差の経済学――「塾、習い事」に行ける子・行けない子』/馬場敬之『スバラシク実力がつくと評判の大学基礎数学キャンパス・ゼミ 改訂2』/平和博『信じてはいけない――民主主義を壊すフェイクニュースの正体』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.112(2017年7月12日配信)

─第1部─ インテリジェンス・レポート

分析メモ No.232「ハンブルクにおける米露首脳会談」/分析メモ No.233「東京都議会議員選挙」

─第2部─ 読書ノート

芳沢光雄『かしこい人は算数で考える』/池上彰/増田ユリヤ『なぜ、世界は“右傾化”するのか』/岸見一郎『幸福の哲学――アドラー×古代ギリシアの智恵』

─第3部─ 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」号外(2017年7月5日配信)

文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.111(2017年6月28日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.230「フィリピンにおける『イスラム国』の動向」/分析メモ No.231「国後(クナシリ)島における通関問題」

―第2部― 読書ノート

副島隆彦『老人一年生――老いるとはどういうことか』/大田昌秀/佐藤優『沖縄は未来をどう生きるか』/小寺聡編『もういちど読む山川倫理』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.110(2017年6月14日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.228「英国下院選挙」/分析メモ No.229「カタール問題」

―第2部― 読書ノート

角川歴彦『躍進するコンテンツ、淘汰されるメディア』/雨宮処凛『女子と貧困――乗り越え、助け合うために』/宝槻泰信『強烈なオヤジが高校も塾も通わせずに3人の息子を京都大学に

放り込んだ話』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.109(2017年5月24日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.226「トランプ米大統領とサード・パーティー・ルール」/分析メモ No.227「フランス大統領選挙」

―第2部― 読書ノート

千葉雅也『勉強の哲学――来たるべきバカのために』/シャミッソー(池内紀訳)『影をなくした男』/イオシフ・スターリン(全集刊行会訳)「ダゲスタン諸民族大会」(『スターリン全集 第4巻』)

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.108(2017年5月10日配信)

─第1部─ インテリジェンス・レポート

分析メモ No.224「4月27日の日露首脳会談」/分析メモ No.225「北朝鮮による中国批判」

─第2部─ 読書ノート

深井智朗『プロテスタンティズム――宗教改革から現代政治まで』/柚木麻子『BUTTER』/片山杜秀『未完のファシズム――「持たざる国」日本の運命』

─第3部─ 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.107(2017年4月26日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.222「北朝鮮による弾道ミサイルの打ち上げ失敗」/分析メモ No.223「ティラーソン・カードに関するロシアの認識」

―第2部― 読書ノート

齋藤孝『新しい学力』/ニコラウス・クザーヌス(山田桂三訳)/『学識ある無知について』/橘木俊詔/参鍋篤司『世襲格差社会』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.106(2017年4月12日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.220「米軍によるシリア攻撃」/分析メモ No.221「サンクトペテルブルグにおける爆弾テロとモスクワ

の反プーチンデモ」

―第2部― 読書ノート

北畠親房(今谷明訳)『現代語訳 神皇正統記』/石川達三『金環蝕』/岩波明『発達障害』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」号外(2017年4月5日配信)

文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.105(2017年3月22日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.218「北方四島における共同経済活動に関する日露外務次官級協議」/分析メモ No.219「自衛隊施設部隊の南スーダンからの撤収」

―第2部― 読書ノート

桑野隆『20世紀ロシア思想史――宗教・革命・言語』/村上春樹『騎士団長殺し 第1部 顕れるイデア編』/李相哲『金正日秘録――なぜ正恩体制は崩壊しないのか』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」Vol.104(2017年3月8日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.216「北方領土における共同経済活動」/分析メモ No.215「ローマ教皇の南スーダン訪問計画」

―第2部― 読書ノート

村上春樹『騎士団長殺し 第2部 還ろうメタファー編』/斉藤和季『植物はなぜ薬を作るのか』/チュチェ思想国際研究所編『金正恩著作集2』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優「インテリジェンスの教室」号外(2017年3月2日配信)

文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.103(2017年2月22日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.214「安倍晋三首相の訪米」/分析メモ No.215「金正男の殺害」

―第2部― 読書ノート

廣松渉/加藤尚武編訳『ヘーゲル・セレクション』/池澤夏樹『知の仕事術』/深井智朗『思想としての編集者』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.102(2017年1月11日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.210「トランプ米大統領の就任演説とエルサレム問題」/分析メモ No.211「シリア情勢と米露の思惑」

―第2部― 読書ノート

柄谷行人『柄谷行人講演集成1995―2015』/勝連繁雄『組踊の世界』/池上彰/竹内政明『書く力』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優直伝「インテリジェンスの教室」Vol.100、101合併号(2017年1月11日配信)

―第1部― インテリジェンス・レポート

分析メモ No.208「米露サイバー戦」/分析メモ No.209「トランプ氏の核政策」

―第2部― 読書ノート

熊谷亮丸+大和総研編著『トランプ政権で日本経済はこうなる』/伊東寛『サイバー戦争論』/伊藤修『日本経済≪悪い均衡≫の正体』

―第3部― 質疑応答

―第4部― 文化放送「くにまるジャパン極(きわみ)」発言録

―第5部― 今後のラジオ出演、講演会などの日程

佐藤優

1960年生まれ。作家、元外務省主任分析官。1985年に同志社大学大学院神学研究科修了後、外務省入省。在ロシア日本大使館勤務などを経て、本省国際情報局分析第一課に配属。主任分析官として対ロシア外交の分野で活躍した。2005年に著した『国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて』で鮮烈なデビューを飾り、翌2006年の『自壊する帝国』で大宅壮一ノンフィクション賞、新潮ドキュメント賞を受賞。その後も『獄中記』『外務省に告ぐ』『人間の叡智』『読書の技法』など数々のベストセラーを世に送り出している。来年1月には、沖縄返還時の日米密約に関する作品『帝国の崩壊』(講談社)を発表する予定。

申込月発行号の無料キャンペーン実施中!

メルマガのお申込み月の発行号が無料になります。ぜひメルマガの内容をお確かめください。
※お申込みの際にクレジットカードのご登録が必要となることを予めご了承ください。

メルマガのバックナンバーを購入できます

ご購読中のメルマガのバックナンバーを購入できます。詳細は「バックナンバーなど」をご参照ください。

イズメディア・モールとは

コンテンツ自慢のメディア集団 isMedia(イズメディア)のショッピング・モールです。
日本を元気にするコンテンツやアイテムを販売してまいります。
第一弾はコンテンツ。現代ビジネス、JBpressなど、イズメディア・ネットワーク参加媒体が選りすぐった執筆者のとっておきの情報を、いろいろなカタチで読者の皆様にお届けします。有料メルマガや電子書籍はもちろんのこと、それらデジタル・コンテンツとセミナーなどリアルなイベントを組み合わせた新しい試みにも挑戦していきます。

販売中のコンテンツについて

Gbiz電書
現代ビジネスが提供するメルマガなどデジタルコンテンツの総称です。現代ビジネスで論陣を張っている強力な執筆陣がさらに突っ込んだ情報を発信します。
JBデジタル選書
JBpressが提供するメルマガなどデジタルコンテンツの総称です。JBpressならではの他メディアでは読めない、選りすぐりの情報を発信します。

当社は、2010年1月に日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)より、個人情報について適切な取り扱いがおこなわれている企業に与えられる「プライバシーマーク」を取得いたしました。

プライバシーマーク